借金の踏み倒し:住宅ローンについて

多額の借金をしても、日本ではいざとなったら自己破産という最後の手段が残されていますが、住宅ローンについては基本的には踏み倒しはできません。なぜなら、住宅ローンでは、マイホームに抵当権が設定されているからです。ローンが払えなくなって自己破産をしても、抵当権が実行されて、土地と住宅が競売にかけられます。つまりは、マイホームを金融機関にとられてしまうので、借金の踏み倒しとはいえないでしょう。
競売にかけられると、市場価格よりもかなり安く売られてしまうことも多いので、なお多額のローン残高が残るケースがほとんどです。住宅を売却した後に残った借金は引き続き支払っていかなければなりませんが、この債務については自己破産をすることで踏み倒しができます。抵当権付不動産の売却方法としては、任意売却という方法もあるので、自己破産をせずに任意売却をしたほうがメリットが出るケースも多いです。
自己破産をすると、マイホームは必ず失ってしまいますので、多額の借金を抱えているけどマイホームだけは残したいという人は、自己破産という方法はとれません。そんなときには、個人再生という方法を検討してみるとよいでしょう。個人再生では、住宅ローン債務だけは減らせませんが、その他の借金を大幅に減らすことができるので、ローンの支払いが継続できればマイホームを残せます。